痔の日帰り手術

ジオン治療について:痔の日帰り手術

痔の治療の1つ、ジオン注射=ALTA療法(アルタ療法)は、 いぼ痔を切らずに、注射1本で治す画期的な痔の治療法です。
当院でも2013年より導入し、患者様からも 「やってよかった」と好評頂いております。

ジオン注射は、いぼ痔(内痔核)に効果を発揮します
  • 座薬や軟膏を肛門に注入する方法では治らない!
  • 排便時に頻回に出血がある
  • 排便時に脱肛するが、自然に戻る
  • 排便時に肛門が脱出する。指で押さないと戻らない!

 

などの脱肛を伴ったいぼ痔(内痔核)でお悩みの方にとって、夢のような治療と言えます。 ジオン注射は、近年、注目されている、内痔核(いぼ痔、脱肛)の治療法の一つです。術後の痛みもほとんどなく、日帰りで治療を行えます。従来ですと手術が必要と判断されたケースでも、ジオンを痔核へ直接注射する硬化療法で、手術と同等の効果を得られる症例がある事も証明されております。

日帰り手術のメリット
手術後の安静期間を自宅ですごせますので、他人に気を使わず、時間を有効に使えます。力仕事は無理ですが、パソコンなどを使い事務的な仕事なら可能です。
入院費の分だけ費用が安くなります。
たとえば健康保険本人(3割負担)の方でしたら、10日ほど入院して手術すると10〜15万円の負担ですが、外来手術ですと2万円前後ですみます。
ジオン注射とは
ジオン注射療法の方法
ジオン注射治療の術後の注意
ジオン注射治療の副作用

痔について詳しくはこちら