眼科

眼科外来

担当医;小川 明子(副院長)

 『眼の不調を何となく感じていても「わざわざ眼科を受診する程ではないかも」と
そのままになっていた』 このような方が当院では眼科の検査も出来ることを知り
気軽に眼科に目の相談に来られます。
 年齢に伴って出てくる調節力低下(いわゆる老眼)や白内障、また初期には症状の
出にくい緑内障も40代以上の20人に1人はかかっているとされ、我が国の失明原因の
第1位となっています。
 また内科で糖尿病をお持ちの方は眼科医による定期的な眼底のチェックは必須です。
目に関して、日常少しでも気なっていることがありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

略歴

昭和63年 福岡県立筑紫ヶ丘高等学校卒業
平成6年 佐賀医科大学卒業
平成6年 同上 眼科学教室入局


診療時間

火曜日、木曜日の午前中 (受付 9:00〜12:30)image8

特に毎週火曜日は眼鏡およびコンタクトレンズ作成に対応しております。
眼鏡については通常の近視のメガネだけでなく、老眼用のメガネ、遠近両用メガネ、中近両用メガネ(デスクワーク用のメガネ)、サングラス(今ご使用のメガネに取り付けるタイプも含む)などライフスタイルに合わせた種々の眼鏡の相談に対応しております。
目の病気にはいろいろな種類がありますが、ものもらい、めやに、涙、目が疲れる等簡単な症状や、少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。


初めて受診される方へ

  • 最初にスタッフが症状をお聞きして、視力検査、眼圧検査などを行います。
  • 充血、目やになどの症状のある方は、院内感染予防のため、恐れ入りますが、別室でお待ちいただくことがあります。
  • 「黒いものが飛んで見える」「見えづらい」症状のある方は、散瞳剤を点眼して眼底検査を行います。4時間ほど見えづらく、まぶしくなりますので、お車での来院は避けてください。